給湯器の交換工事

今回の給湯器交換工事は既設の給湯器から漏水(給湯器内部の管が破損していました)しているので交換して欲しいという依頼でした。

上の写真は交換前のものです、保温材も劣化が進み状態はあまり良くありませんでした。

少しわかりにくいですが、上の写真は給湯器の下が漏水により濡れている状態のものです。

止水栓が開いており継続して漏水している状態でした…

もし、皆さんのお宅の給湯器から漏水がある場合は止水栓を閉めるようにしましょう、止水栓を閉めることにより一時的に漏水を止めることが出来ます。

交換後の写真です、新設の給湯器はエコジョーズタイプのものでしたので、エコジョーズの排水配管を設置して、止水栓のハンドルが劣化により回せない状態でしたので、止水栓も新しいものに交換しました。

給湯器の漏水は通常は冬季に多くみられます、原因としては凍結によるものが一番多いです。

一般的に給湯器は通電している状態で気温が下がると自動的に凍結予防のヒーターが作動します、しかししばらく留守にするからと分電盤のブレーカを落として出かけられる方がいらっましゃいます。これにより給湯器の凍結予防ヒーターが作動せず凍結により漏水することがよくあります。

もし、冬季に旅行や帰省でしばらく留守にすることがあったとしても、給湯器の電源は切らないようにした方が凍結による漏水の予防になると思いますので覚えておいて下さい。

シンプリフォームでは給湯器の取り付け交換を格安で行っております。給湯器の取り付け交換業者をお探しでしたら一度ご連絡下さい。皆さまからのご連絡お待ちしております。

カテゴリー

最近の投稿